青侍が生く!

IT営業マンが人生を賭けて税理士に転身した結果

光の中の最終決戦 第68回税理士試験レポート 相続税法

さて、(最後の)戦いを終えて参りました。今年もやります、本試験レポート。

奇しくも会場は、前回官報を賭けた第67回と同じ場所。去年の雪辱戦とも言える今回の本試験。

 

今年は本当に苦しい戦いでした。去年に双子が産まれ、3児の父となって初めての年度(去年は本試験までは実家に帰ってもらってた)。

勉強時間は圧倒的に足りず、成績は伸び悩み、7月前半までは真剣に相続税法からの撤退を考えました(もちろん税理士試験からの撤退は考えていませんでしたが、ここまできてラスト1科目が長期化したらどうしようとは思っていました)。

しかし、7月も後半、なんとか時間を捻出して理論を回したのが功を制し、直前予想模擬試験は3回とも上位数パーセントに入れたおかげで、比較的良い精神状態で本番を迎えることができたと思います。

 

前日、前々日と、肉を喰らい、迎えた本試験。

一応月火も仕事は休みにしていましたが、割と時間には余裕がありました。やはり今まで複数科目受験だったので、家族に実家に帰ってもらうのも、娘の幼稚園が夏休みに入ってからの2週間で、十分足りた感じです。まぁ、それまでヒーヒー言ってましたけど…。

 

f:id:Yo-ten:20180814124036j:image

 

当日はいつもくらいの時間に起床し、すぐに出発しましたが、会場が遠いので到着は1時間前くらい。適当に過ごして、早めに着席しました。

心のコントロールは十分にしてきたつもりでしたが、これで最後かもしれないと思うとやけに緊張し、また去年の失敗を思い出したりで、なかなか落ち着きませんでした。

 

そして試験開始。

 

まずは理論をざっと見。まさかの改正論点パレード。

そして、問題を見てすぐに気付きました。これは、信託の受託者が課税されるパターンを書けば、母集団と差がつけられるのでは?!しかし僕は計算からと決めているので、まずは計算から解きます。70分で理論に移ることを誓って…。

 

計算の方は、全体の感想としては、基本的な問題ではあるものの、微妙に王道とずらしたところを聞いてくる問題だなと感じました。ボーダーが40以下なのはそのせいなのかな。

去年の問題は自分の知識をアピールできる部分が全然なく、シンプルに計算ミスと時間配分のミスで沈んだ感があったので、今回、色んな箇所で、模試では書かなかったようなコメントを付しました。

 

上場株式は、課税日が基準日前なので配当期待権は評価しないとか、非上場株式の評価において、半年以内に支払い期限の到来する受取手形は割引料を考慮しないとか。

あと、小規模宅地等の特例について、配偶者は特例を受けないという注意書きを見逃したので普通に間違えてしまいましたが、貸付事業用宅地は問題の不備だと思いました。構築物の敷地の用に供されているかどうかが明らかでなかったからです。

でも、どうせ後順位なので、計算しとく方が得だと判断し、宅地Iは構築物の敷地の用に供されていることを前提とするというコメントを付しました。これは加点されてもいいんじゃないでしょうか。

 

そんなことをしているうちに、若干ながら時間が押していることに気付きます。直前期は、答案の作り方を雑にしていたのはあるものの、目標時間が85分の問題でも、70分で解答するようにしていたので、今回の問題にしては、時間がかかりすぎかなという感じでした。

しかし、ミスを恐れて慎重になってしまったことと緊張によって、どうしてもスピードを上げることはできませんでした。

途中で書くスピードを上げようと試みたのですが、一定のスピードを超えると心臓に負荷がかかるような感覚になったので、やめました。これは本試験特有の緊張感からくる、独特の感覚だったのだと思います。

 

結果、計算が70分を超えてしまったので、最終値まで求めることはできませんでした。

相続税の総額まではなんとか出したので、配偶者と加算対象者だけ税額を出して、配偶者の税額が0であることと、加算の計算は書きましたし、各種税額控除も控除額は埋めました。

配偶者の税額軽減も、計算式を書く時間はありませんでしたが、貪欲に、課税価格が明らかに法定相続分以下とかのコメントを付して、とりあえず金額だけは書きました。

 

解答復元の結果、明らかになったのは、転換社債は計算方法を知らなかったので仕方ないとは言え、前述した通り、配偶者も小規模宅地等の特例の対象に入れてしまったこと、課税価格の計算に一部の財産を入れ忘れていたこと、贈与税額控除で、最後だったので焦って非対象者まで税額控除してしまうというミスを犯していました。

配偶者を小規模宅地等の特例対象者にしてしまったのは痛かったですが、2つのケアレスミスは、あまり得点に影響しなさそうなのが救いでした。

 

大原採点では計算は43点でした。書き間違いとかしていなければですが…。

 

続いては理論です。

結局70分を少し超えてしまい、73分くらいで理論に移行し、まずは優先度の高いものから埋めることにしました。

 

先に問2。各宅地等の要件を書くのは明らかでしたが、そもそもの小規模宅地等の特例の適用要件を書くべきなのかは、少し迷いました。

が、特定居住用宅地等、貸付宅地等の適用要件と言っているので、結局書きませんでした。

問2についてはほぼ完答できたと思います。大原の理論はカッコ書きや注意書きが複雑になっていますが、これも間違いなく書けたとは思います。

 

そして、問1。まずは概要にて該当する規定を列挙し、本文を書き始めます。

ここでも姑息に知識をアピールしたかった僕は、認定医療法人が個人とみなされる場合は贈与税に限るので、該当しない。なんていうコメントを付したのですが、後で調べたらこれは措置法でした。多分減点はされないだろうし、まぁいいかという感じです。

 

そして、時間はあまり覚えていませんが、とにかくかなりリミットが迫っていたので、フル解答はできないと考え、優先順位をつけることにしました。

 

まずは信託以外の要件を書き、次に附則を書いて、信託はその後にすることにしました。

さすがに皆、附則までは書くはずなので、信託を書いているうちにリミットになったら不利になると判断したからです。

ちなみに、納税義務の附則はまとめて1つにしてしまったりしましたが、この辺はテキスト通りに書いてないので減点はされるかもしれません。

結局、特定一般社団法人周りの意義以外の規定は一通り書いたので、ついに残り5分くらいで信託についても書くことにしました。

大原の解答では意義の部分も解答範囲に含まれていましたが、問題の趣旨的には意義を書くよりも信託の方を選んだことに後悔はありません。

最後には附則のところに信託のことも書き足して、ほぼそれで終了の合図になりました。

 

速報によると、TAC解答では満点解答でしたが、附則はまとめ書き等しているので、減点は覚悟しておきます。

ただし、TAC解答だとまさかの合格確実+14。大原解答でも合格確実+3だったので、多少の減点は大丈夫かなと思います。

よっぽどの書き間違いをしていなければ受かるような気はしていますが、これでダメだったら心が折れるかもしれないので、とにかく発表まではドキドキなのですが、ひとまず肩の荷はおりたかなという心境です。

50,000PV BLUE WARRIOR

ブログ開設から約2年。

この1年ほぼ放置でしたが、5万PVを達成しました。

そしてこの記事で50記事目。

 

うまい。

 

本試験までに達成したいなと密かに願掛けしていたので、嬉しいです。

 

思い返すと、2015年から勉強の記録をつけ始めて、累積の勉強記録が5400時間。

記録をつける前のことを考えると、この4年間、毎日平均4時間は勉強を続けてきたことになります。

とんでもないマゾヒストですね。

 

今年の勉強は本当に辛かったですが、最後の最後で過去最高の仕上がりに持ってきた感じがします。

やはり1科目集中は強い。

 

それでも、時間配分とケアレスミスのことを考えると心配は拭えません。

とにかく最後なので、実力を出し切れるように、本試験に臨んで参ります。

 

勉強さえ終わればもうちょいテーマ性のある記事が書きたいですね。

勉強方法の記事も2014年までのとこで止まってますし。

【相続税法】全国統一公開模擬試験・直前予想公開模擬試験 結果報告

ついに残り僅か。

本日、最終講義でした。

 

大原に通い始めてから4年間。これが最後の講義になるかと思うと感慨深い。

直前対策模試から、自分を含め家族が相次いで体調を崩し、全国統一公開模擬試験まで本当に苦しい戦いでした。

 

全国統一公開模擬試験はギリッギリのA判定。

 

ただ、ギリッギリでもA判定が出たということには運気を感じたいと思います。

そして、直前予想公開模擬試験においては、ようやく頭ひとつ抜き出ることができました。

3回とも1割なんて、正直過去最高成績です。

今年が本当に苦しかっただけに、この成績には感慨深いものがあります。

 

全国統一公開模擬試験
理論…33/50 40% B
計算…33/50 23.5% A
合計…66/100 31.53% A


第1回直前予想公開模擬試験
理論…39/50 9.38%
計算…44/50 7.77%
合計…83/100 7.23% 全国27位


第2回直前予想公開模擬試験
理論…48/50 5.72%
計算…40/50 9.53
合計…88/100 3.60% 全国17位


第3回直前予想公開模擬試験
理論…49/50 7.36%
計算…39/50 27.36%
合計…88/100 8.27% 全国36位

 

そして、最後の講義で先生から渡された総評にホロリ。

f:id:Yo-ten:20180727221637j:image

実判が始まるまでほぼ講義には出られなかったのに、なんとも僕のことをよくわかっていらっしゃる。

 

このまま最終調整に入り、官報を手にしたいと思います。

正直今、税理士になれるかどうか以外の課題が多すぎて、税理士には今年で当たり前のようになれないと、この先の波をこえられる自信がありません。

 

だからこそ、受からせてくれよな。

一応、直前予想も計算でケアレスミスはしているので、本番はミス無しで絶対確実ラインに乗せたいです。

 

FINAL STAGE

第68回税理士試験まで1ヶ月切りました。

 

ここ3週間、胃腸炎にかかり、地震が起き、家族全員が夏風邪に侵され、子供達がアデノウイルスに侵され、豪雨に見舞われ…

 

TAC全国模試、直前対策試験1及び2は、平均点にまで転落していました。

 

明日からは全統、直前予想シーズン。

このままでは終われません。

最後の一踏ん張りで、モノにしたいと思います。

【相続税法】実力判定公開模擬試験 結果報告

更新が滞っておりましたが、相変わらず低空飛行でなんとかやってます。

睡魔と戦いながら、毎日2時間弱ずつ。。。

 

f:id:Yo-ten:20180616212641j:image

 

実判の成績はこんな感じでした。

去年よりは良いけどなんとなく残る不安感。

 

よく考えたら歴代の実判の中でも1番良いくらいなんですけど、やはり最後の科目であることと、理論のシビアさが不安感の原因でしょうか。

 

今日はTAC全国模試を受けて来ました。

また結果報告はさせていただきます。

【未曾有の第4年度】税理士ガチ勉4年目の苦悩

ご無沙汰です。

3年官報に敗れた男のその後をご紹介します。

 

税理士事務所を掛け持ちし、第2子第3子が同時に誕生(双子)してしまった状態で、ラスト相続税法を残してしまった私。

 

1月から完全合格コースを申し込みましたが、授業に出ることは叶わず、毎日3時4時に起きてWEB講義を受けたり問題を解いたりしています。睡眠はとらないとやってられないので、子供達と共に21時22時には寝るようにしています。なかなかにつらいです。

 

しかも、1月の確認テストはまぁまぁの手応えだったにも関わらず、満点レースの為、上位4割しか取れませんでした。

満点レースとの相性は本当に悪いです…。

 

第1回完全合格確認テスト

理論 19/25 47.01%
計算 44/50 28.9%
合計 63/75 40.2%

 

とはいえ、これまでは複数科目を同時にやり続けてきましたがラストは1科目のみ。

どんな問題がきてもトップに入れるようにしておかなければなりません。

 

そしてリベンジに燃えた第2回は、なんとか上位1割に返り咲き。

 

第2回完全合格確認テスト

理論 24/25 20.94%
計算 45/50 10.69%
合計 69/75 8.90%

 

しかし、これに安心したのと、所得の確定申告期でパンパンだったので、大原の休講期間中ほとんど勉強ができませんでした。

ここからまた頑張ります。

 

目指すは1割キープ。

【第67回税理士試験】合格発表

残念ながら官報ならず…。

f:id:Yo-ten:20171218142354j:image

消費税法:合格29

相続税法:A不合格

 

でした。

 

合格の履歴だけ見たら順調なのですが、今年の官報にかけた想いは強かっただけに、無念です。

事務所掛け持ち&3人の子育てをしながらの勉強再開は苦痛ですが、初の1科目集中なので、来年は完全無欠の官報合格を果たして見せます。